05月 « 2017/06 » 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ギニピッグを返して!!

     「キャー!!私のギニピッグ----!!」
    ギニピッグ小屋の中で一匹のギニピッグが、スネイクにぐるぐる巻きにされて瀕死の叫び声をあげ
    ている。じゅじゅを学校に送っていこうと思った矢先の出来事で、家にはじゅじゅと私の二人だけ。
    叫び声をあげて泣きじゃくるじゅじゅの前では、「ここまでしっかり捕まれていたらダメだよ」とは
    言えず、ひざまである長靴に履き替え、シャベルを片手に外へ飛び出した。
    2mはあるカーペットスネイク、毒で人間がやられる心配はないものの、どうしたものか。小屋の中
    に入ってシャベルで一撃、するにもバッグアップがじゅじゅでは心もとない。そこでじゅじゅに熱湯
    を鍋に入れて持ってくるように指示し、熱湯を何度もスネイクに浴びせかけた。以前友人から聞い
    た話だと、皮膚が火傷の状態になってしばらくすると死ぬとか。じゅじゅは「ギニピッグが熱くて火
    傷してしまう」と心配するけれど、ほとんど瀕死の状態だから火傷くらいなら大丈夫だとなだめる。
    熱湯を掻けるごとにスネイクは怒って、ギニピッグから少しずつ離れていく。でもこれで完璧に離れ
    てしまった場合、他のギニピックを襲う危険は。などと頭の中でレスキュー方法がぐるぐる回る。
     他のギニピッグたちは恐れをなして、小屋の隅の方でおびえて動かない。彼らをレスキューする
    ためには私が小屋の中に入らなければならない。もうすでに学校の始業は始まっている。じゅじゅ
    は、「ギニピッグを助けて!」と泣く。
     そうこうしているうちに熱湯攻撃が効いたのか、スネイクがギニピッグを放して小屋の反対側へ
    動き出した。絞め殺されたギニピッグは無残に小屋の床に倒れた。じゅじゅの嗚咽がますます激
    しくなる。やるしかない、と意を決して小屋の中に入り二匹のギニピッグをレスキューした。
    心臓のドキドキは小屋から無事脱出してからも収まらない。小屋に残されたもう一匹はスネイクが
    いる壁の奥の方に隠れているから、二匹救えただけでよかったことにしよう。
     じゅじゅを学校に送りに行き、帰ってくるとスネイクは小屋の天井に移動していた。この状態では
    まず小屋の中に入るのは無理だから、あの時の決断は間違っていなかったのだ。
    そしてまた暫くして小屋を覗くと、床に倒れていたギニピッグはスネイクのお腹の中にすっぽりと
    納まっていた。満腹になったスネイクは、気持ちよさそうに止まり木にぐるぐる巻きになって昼寝を
    している。お腹の一部がギニピッグの大きさに膨らんでいて、もうしばらくは小屋の隙間から出る
    ことは出来ないだろう。
     学校のお迎えの帰りに、近所に住むスネイクに詳しいファーマーを訪ね、スネイクの処理をお願
    いする。鉄パイプと大きな袋を持って来てくれたレックス。片手でスネイクの頭を後ろからつかみ、
    もう一方の手でぐるぐると止まり木に巻きついているスネイクを尻尾から解いて、鉄パイプにから
    めてひょいと袋の中に入れてしまった。「まだ5歳くらいの若いスネイクだね。4kgくらいあるかな、
    持ってごらん」と言われ、袋を持たされた。お腹が一杯で後2週間は獲物を捕まえる必要がない
    そうだが、家には小動物が多いので、別の人のファームへ移動してもらうことにした。
     じゅじゅはお母さんギニピッグを亡くして、「もう赤ちゃんが産まれなくなってしまった」とショック
    を隠せないでいる。
    スポンサーサイト


    動物たちのこと | 10:29:20| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。