04月 « 2017/05 » 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ドラマコンテスト出場


     7匹のゴスリン(ガチョウの赤ちゃん)が首を前後にひょこひょこ動かしながら
    ステージに現れると、会場から笑いがこぼれた。
    先月ブリスベンで2回、ドラマコンテストが開かれ、じゅじゅが所属しているパフ
    ォーマンスグループからは「シャーロットの贈り物」「ピーターパン」が11歳以下
    の部門に出場した。
    「ピータパン」では8歳以下の子どもたちは全員フェアリー役、「シャーロットの
    贈り物」では7歳以下の子どもたちはゴスリン役を演じた。日頃から舞台に立つこ
    とに慣れているせいか、緊張する様子もなく、自然体で舞台に上がっていた。ゴス
    リンの演技は、自分で赤ちゃんガチョウをイメージするようにと言われたらしく、
    皆それぞれ。じゅじゅは舞台で「あくび」なんかしているから、後で問いただすと、
    産まれたばかりの赤ちゃんで、寝る前の演技だったそうだ。
    かつて自分が日舞、ピアノ、声楽やらの発表会で舞台に上がった時のことを思い出
    してみると、毎回心臓が飛び出るほど緊張していて、舞台を楽しむなんて余裕はな
    かったような気がする。
    「人前で演じるということは、子どもに自信を持たせるとてもいい方法だけれども、
    不十分な状態で舞台に上がらせた場合、逆に自信を損なわせ舞台に立つことが怖く
    なってしまう」という審査員のコメントが印象に残った。ということは、私はいつ
    も練習不足だったから自分に自信がなかったんだ、と変に納得してしまった。
     じゅじゅは「シャーロットの贈り物」で赤ちゃんスパイダーの役ももらって、初
    めて一人で台詞を言う場面もあった。親としては心配で心配で、ハラハラものだっ
    たが、立派なもので会場の後ろまで響くような声で、しっかりと台詞を言うことが
    できた。おまけに、だれだれが台詞を間違えたなんて、先輩の揚げ足をとる余裕も。
    今月末にはホリデー公演にも出演することになっていて、今度は台詞がかなり多い
    からまたまた心配の種が増えた。本人は早速台本を熱心に読みいっている様子を見
    て、「学校の本読みや宿題もこれくらい一所懸命やればいいのに」とトム。その言
    葉をじゅじゅは完璧に無視していた。
    スポンサーサイト


    じゅじゅのこと | 21:33:15| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。