09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    子ブタのルーシー脱走する


     年男のトムは、またまた新聞広告で「子ブタ売ります」を発見。今度のミニチュア
    ピッグは、正真正銘のミニチュアで体重60kgまでしか大きくならないそうだからと、
    懲りずにまたブタを飼うことにした。
     農家の女将さんから受け取った帰り道、車の中で私に抱かれていた子ブタちゃんは、
    まつ毛がぱっちりしていて、青みかがった黒いつぶらな瞳で甘えてくる。最後の方に
    は居眠りなんかしちゃって、可愛いかも。と思ったのもつかの間、家に帰り着いて車
    から下ろしたとたん大声で叫びだした。抱きかかえると、「キーキー、ギャーギャー」
    と耳がつんざけるようなものすごい叫び声をあげる。今までおとなしく抱かれていた
    のが嘘のようにだ。
     犬のリードを付けてダムまで連れて行った。金切り声をあげる子ブタの周りに、何だ
    何だと他の動物たちが集まってくる。一瞬泥をほじっている時だけ叫ぶのをやめたけれ
    ど、あんまりにもひどいので、ブタ小屋に隔離した。ブタ小屋に入れるとなんか幸せそ
    うに居眠りなんかしていた。
     翌朝ブタ小屋はもぬけの空になっていた。穴を掘ってフェンスの下から脱走したのだ。
    たった一日しか経っていないのに、とトムも私も呆然。トムは慌てて近所の聞き込みに
    周り、隣の牧場で「一時間ほど前に馬の一団に追いかけれれている子ブタを見た」とい
    う情報を仕入れた。とは言うものの、全然なついていなかったし、はっきり言って見つ
    からないものとあきらめていた。ブタとは性が合わないのだからもうこれっきりにしよう。
     夕方畑仕事をしていると、「ズガズガズガ」という鳴き声がして、黒白のストライプ
    の体がフェンスの向こうを横切った。餌欲しさに私たちに近寄ってきて、まんまと捕獲
    された子ブタちゃん。お腹が空いていたのね、心配させて。
     慣れるまでしばらくの間は塀に囲まれた別の小屋に入れることにした。体を触り続け
    ればそのうち懐れるらしく、お風呂に入れたり、犬のリードでお散歩させたり、毎日手
    をかけている。今日で一週間、未だに抱き上げると金切り声を上げる。その声が以前よ
    り力強くなって、鼓膜が破れそうになった。後何日、それとも何週間で懐くようになる
    のだろうか。
    スポンサーサイト


    動物たちのこと | 21:21:09| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。