04月 « 2017/05 » 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    カンガルーウォッチング


     朝もやの中にぽつんと浮かぶ小さなシルエット。その回りには、草のあい間から
    大きな耳がぴくぴくと動く様子がうかがえる。
     ここのところ朝起きると真っ先に双眼鏡で、ベッドルームの窓からカンガルーの
    様子を観察する。
     つい数ヶ月前まで走り回っていた競走馬たちが隣のパディックに居なくなってか
    らというもの、がらんとした原っぱが空虚に広がっていた。牧草が伸び放題に伸び、
    それはもう格好の餌場になっていたのだろう。
     先週ふと窓の外を見たら2頭のカンガルーが草を食んでいた。家に大型犬が居なく
    なってからというもの、夕方数十頭のカンガルーたちが裏のパディックを横切るよ
    うになった。それだけでも十分嬉しかったのに、今度はほんの目の先に出現した。
     早速双眼鏡で観察すると、どうやらお腹にジョイ(赤ちゃん)がいるみたいだ。
    ますます嬉しくなって、毎朝窓の外を眺めていた。
     そして数日後、お腹の中にいたはずのジョイがお母さんのそばに寄り添っている
    姿を発見した。まだミルクが恋しいのだろう、頭をパウチの中に突っ込んで、おっ
    ぱいを吸っている。ふざけてお母さんをボクシングしたり、キックしたり、元気い
    っぱいのジョイ。そんな様子を近くで眺めている、お父さんカンガルー。
     それから日に日にカンガルーの数が増えて、時には8頭ものカンガルーたちが草を
    食んだり、飛び回ったり。昼間は木陰で寝転んでいたり。
     昨日はたった1頭だった。皆どこに行ってしまったんだろう。彼らの動きに一喜一
    憂する。そして今朝はあのジョイがお母さんと一緒に戻ってきていた。
     自然そしてワイルドアニマルとの共存を目指している訳で、その夢に一歩近づい
    たような気がする。
    スポンサーサイト


    自然 | 05:29:11| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。