03月 « 2017/04 » 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ローヘン去勢される


     2歳になるオスのアルパカ・ローヘンが、ここの所目に見えてボシーになっ
    ていた。今までは、身体が大きいカジメロに一目おいているような所があった
    のに、カジメロの足に噛み付いたり、首を絡めて背中を押さえつけようとした
    りと、かなり攻撃的でちょっと目に余る。
     そろそろオスだということに目覚めてきたようで、暑くなる前に去勢手術を
    することに決めた。アルパカの世界でも、品評会で賞をもらうオスならば、ス
    タット・メイルとして種アルパカになる。が、一般のオスはいい毛質を少しで
    も長くキープするためにも去勢する必要があるからだ。
     以前アウトバックの牧場で牛の去勢の手伝いをしたことがある。ヤードに入
    れられた子牛たちを一頭一頭枠に入れて、焼印、角切り、去勢が一遍にカウボ
    ーイたちの手で行われる。100頭近い子牛を流れ作業でこなしていくのだから、
    麻酔なんて勿論しない。泣き叫ぶ子牛、肉の焼ける匂い、頭から血を噴出して
    突進してくる子牛。ほとんどサイコの世界だった。作業が終わったカウボーイ
    たちは、子牛の睾丸をあぶって、ブッシュオイスターだと言って食べていた。
    食べてみろと言われ、話の種にと一つ食べたが、シコシコして結構美味しかった。
     そんなワイルドな体験をしてるので、アルパカ専門の獣医さんがする手術は
    なんて丁寧なんだろうと感心してしまった。麻酔で動けなくなっているローヘ
    ンの股を見て、「これは取りごろだな」と獣医のジェイソン。血がなるべく出
    ないようにと睾丸の切り口を縛ってくれ、数日後にする抗生物質の注射も置い
    ていってくれた。作業時間は約30分。
     手術後一日目のローヘンは、まだ傷口が痛いのだろう、お姉座りをしている。
    痛いだけじゃなくって、きっと心境の変化にとまどってもいるのだろうな。
    スポンサーサイト


    動物たちのこと | 12:49:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。