07月 « 2017/08 » 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    クリスマスキャロル


     コミュニティの教会が主催する、クリスマスキャロルに参加した。
     町の中心にあるメモリアルパークで行われたのだが、いかにもオーストラリアらしく、
    参加者は芝生の上に座ったり、寝そべったりとかなりラフな雰囲気。教会のバンドの演奏
    で聖歌を歌ったり、牧師さんのお話を聞いたり、子どもたちが演じる聖劇やクリスマスの
    意味を考えるパペットを見たり、プログラムは盛りだくさんで、約1時間があっという間
    に過ぎていった。
     日本にいる時には、必ずイヴの深夜のミサに参列し、厳かな雰囲気の中でクリスマスの
    朝を迎えていたことを今でも覚えている。その時の印象とはかなり違うが、クリスマスの
    本当の意味を考えるいいチャンスに恵まれたと思う。
     クリスチャンの国に居ながら、クリスマスというと、ついついプレゼントやパーティと
    お楽しみの方にばっかり気が行ってしまいがちになる。長年カソリックの学校に通ってい
    たにも関わらず、じゅじゅにクリスマスの説明をすることすら忘れていた。
     プリスクールが終わる少し前、じゅじゅが突然、「ベイビージーザス」の話を始め、私
    たちにクリスマスの説明をしてくれた。私も、トムも言葉がなかった。学校でクリスマス
    の説明があって、じゅじゅはその話が印象的だったに違いない。それ以来、クリスマスの
    デコレーションを見ると、真っ先に「ベイビージーザス」に目が行くようになった。
     この出来事は親として、子どもにこれから教えていかなければならない事を、いつどう
    やって話していくのかを改めて考えるキッカケになった。
     去年までのじゅじゅとは確実に違い、物事の意味を理解する力、興味を持って知ろうと
    する気持ちが育まれていることに、驚かされた。じゅじゅの中では、プレゼントも大きな
    位置を占めているが、「ベイビージーザスの誕生」も同じ位大切なことなのだ。今年の反
    省を元に、来年は少し聖書の話でもしてみようかと思っている。
     そうこうしているうちに、クリスマス当日。私はまだ明日トムの家族が集まるパーティ
    ーに持っていくお料理の下ごしらえが途中。パーティを仕切るお姉さんから、一家族ごと
    に数品目割り当てられ、私はのり巻きとおにぎり、ポテトサラダ、チーズプレイトの3品。
    サンタさんが来ないうちに、早めに切り上げないと。
    スポンサーサイト


    ファーンベールのこと | 00:16:03| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。