02月 « 2012/03 » 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    スクールリーダー

    笑顔いっぱいのじゅじゅ。今日、2012年度ファーンベール・ステイトスクールのスクールリーダー
    バッジの授与式がありました。地元出馬の政治家ウェイン・ウエント氏からバイス・スクールキャプ
    テンのバッジを受けとり、約500人の全校生徒の前で、晴れてスクール・リーダーの一人として紹
    介されました。
    毎年小学校最高学年の7年生の中から、男女二人ずつ、スクール・キャテン、バイス・スクール・
    キャプテン、スチューデント・カウンセラーが選出される。立候補の基準は、この学校に3年以上
    在籍している生徒、という基準だけなのでほぼ誰でも立候補ではできる。昨年は、女子だけでも
    じゅじゅの他に14人が立候補した。全員が補演説をして、それを聞いた生徒達がその場で投票し、
    先生達が集計し学年の最終日に発表されるというシステム。
    昨年12月の演説当日、人前でパフォーマンスすることに馴れているじゅじゅは、アンチョコを見る
    こともなく、演説の文句を完璧に披露した。小さい頃から、学校ではおとなしくて、目立たないよう
    にしていることが多かったじゅじゅだったので、生徒達はもちろん、先生たちもびっくり。アンチョ
    コを見ながらしどろもどろに演説する他の生徒たちの中でダントツの出来だった。投票後は誰が
    選出されるか、生徒達の間で様々な憶測が流れた。
    そしてスクール・キャプテンは男女共に学年の優等生が選出され、結果的にじゅじゅは、バイス・
    スクール・キャプテンの座を射止めたわけだ。
    校長先生からの「2012年度の学校を背負っていくリーダーなのだから、日頃の行いにもリーダー
    としての自覚をもって望みましょう」という言葉に、身の引き締まる思いをしたのは、授与式に
    招かれた親たちの方かもしれない。
    これから一年間、様々な行事に学校代表として参加したり、演説をしたりと公の場に出ることが
    多くなるじゅじゅ。この一年でさらに成長してくれることでしょう。

    スポンサーサイト
    じゅじゅのこと | 13:39:27| Trackback(0)| Comments(0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。