12月 « 2011/01 » 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    洪水続報
    洪水tue
    「トゥウーンバの洪水が凄い」と書いたあの夜、一晩中降り続けた雨はついに私たち
    の町、ファーンベールの一部を水の中に沈めた。
    火曜日の朝、豪雨の中町の様子を見るために出かけて、愕然とする。
    たった1km足らずのメインストリートの両側が完璧に激流で切断。隣町に通じる家の前
    のダートロードも激流で切断、さらにもう一本の道も。と、家から半径3km以外何処
    にも行けないようになっていた。その日から停電状態に突入。電話回線が閉ざされる。
    唯一の連絡手段の携帯も電波がタワーによく届かないのと、回線が混雑しすぎて、テキ
    ストメッセージしか使えなくなる。停電が何日続くのか分からないため、冷蔵庫をなる
    べく空けないようにする。この時点でアイスブロックは入手不可能。
    家族でラジオの回りに座って、洪水のニュースに耳を傾ける。イプスイッチに流れる川
    の水位がどんどん上がって、町の中心が沈んでいく様子をラジオが伝えるが、未だに
    信じられない思い。
    そして水曜日の朝は雨が上がり、また町の偵察に出かける。町の一角の住宅地が完璧に
    水に飲まれている様子を目の当たりにする。ここ数年の間に開発された住宅地も濁流
    の中。さらに町の反対側のファーム地帯ではハイウェイが遥か彼方まで水びだし。その
    奥に二階建ての家の屋根だけが見える。舗装道路が水圧ではがされて、道路のあちこち
    がむき出しになっている。未だに町からは出られないばかりか、パン、ミルク、ガソ
    リンが手に入らなくなる。壊れていたジェネレーターを修理し、この晩からTVと冷蔵庫
    が使えるようになる。今まで自分たちの回りに起こっているほんの僅かな被害で、十分
    驚いていたのだが、TVのニュースでイプスイッチ、ブリスベンの様子を観て、絶句する。
    木曜日、ブリスベン、イプスイッチ間の交通は未だに切断。ファーンベールから一部の
    イプスイッチまで行けるようになったことを知り、自分の車を満タンにし、さらにジェ
    ネレーター用のガソリン、トムのトラック用のディーゼルを調達するために初めて遠出
    する。午前中は2時間待ちだったというガソリンスタンドの行列も午後は緩和されて、
    30分で用を済ませ午後3時の満ち潮の時間までに家へ戻る。
    TVに映るブリスベンの変わりよう、いつも走っていた道、買い物していた場所、友達の
    家がある地域、どこもあまりにも自分に近い存在の場所ばかりが、こんな様子になっ
    ていることに胸がつまされる。
    金曜日の夜、家中の明かりが灯った。
    土曜日、ファーンベールからブリスベンまでの道が全て開通したとのニュース。早速
    水没してしまったブリスベンの友人宅のお掃除に出かける。水没した地域に入ると、
    一面ドロの世界。さらに強い汚物の臭いが鼻をつく。水に浸かって使えなくなった
    全てのものが山積みされ、そこいらじゅうが粗大ゴミ場と化している。シャベルやデッ
    キブラシを持ったボランティアの人々がストリートに溢れ、妙に活気があるが、まさに
    戦場。あまりの悲惨さに、がむしゃらに動いていないと、感情が高ぶりすきてしまう。
    全てをなくしてしまった人々は「まさかここまで水が来るとは思わなかった」「水の勢
    いが早すぎて、間に合わなかった」と口々に言う。
    「全て物はなくなったけれど、自分と妻はここにいる、もう一度一からやり直しだ」
    と涙ぐみながら話してくれたボブキャットのドライバー、デイブの言葉が心に残る。
    そして私たちの断水はまだ続く。泥まみれの身体を熱いシャワーで洗い流したい。



    スポンサーサイト
    ファーンベールのこと | 21:45:47| Trackback(0)| Comments(0)
    洪水です
    dam.jpg
    また雨が降っています。2011年の年明けから、毎日毎日雨の日ばかり。
    洪水の被害のニュースを毎日のように観ていたけれど、今ひとつ現実味が無かったのは
    同じ州内でも距離が離れていたから。
    元旦に友達と連れ立って、ダムが放水している様子を見に出かけて「初詣みたいだわね」
    なんて話していたのはつい先週のこと。
    このワイボンホーダムは1974年ブリスベンが大洪水に見舞われた後に、ブリスベンを洪水
    の被害から守るために造られた。つい2年前まで旱魃で貯水量が40%まで落ち込んでいた
    のが、今では100%を遥かに超えている。そのため、クリスマス直後から連日門を開けて
    放水していた。その水の量が一日にシドニーハーバーの2倍、170000メガリッターにも
    及ぶ。我が家の周りでも、道が切断された、橋が渡れないなどなど、この放水の被害を
    受けていることは知っていた。
    昨日じゅじゅが「どうしても釣りがしたい」と言うので、雨の中ダムに出かけた。魚が
    釣れる前に雷&豪雨になり、「もう少し粘ろう」と言うじゅじゅを説得して引き上げた。
    そして今日も「どうしても映画が観たい」と言うから雨の中、水で道が半分なくなって
    いたり、道が川のようになっている場所をじゃばじゃば走って、イプスイッチまで出か
    けた。イプスイッチは小雨、時々青空。能天気に映画を観て、美術館に行って、買い物
    して家に帰ってきたところ、トムから「トゥーンバのお姉さんの家が浸水して、ブロッ
    ク塀も全部流されてしまった」というニュースを聞く。隣町のローウッドも道が切断、
    カウンシルの中心地エスクも浸水、ダムの手前で道が閉鎖になっていて、トムの息子が
    住むクーミニヤは陸の孤島状態、さらにアボリジニのジミーたちが住むタランパも道が
    すべて切断され動けないとのニュース。
    トゥーンバの被害は150mmの雨がいきなり降って、一気にすべてを押し流してしまった
    そうだ。TVのニュースで町の中心地で車やショッピングセンターが流される様子を写し
    ていた。その大量の水が今夜、山からこちらへ流れてくるそうで、かなりの地域で非難
    命令が出ているらしい。
    このまま雨が降り続けると、ダムの壁を破壊しなければならない非常事態に陥るそうだ。
    私たちの住む町は、ダムの手前でハイウェイ沿い、特に我が家は高台にあるので被害が
    ほとんどないのが救い。それにしても夏休み中だっていうのに、最悪のお天気。残りの
    2週間これ以上被害を出さないように祈るばかりです。


    自然 | 22:03:40| Trackback(0)| Comments(0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。