10月 « 2008/11 » 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ストーム

     レインゲージの水量がたった一晩で100mmを越えた。
    ファーンベールに引っ越してきて7年。こんなに多くの雨が一時に降ったのは初めてだ。
    午後4時頃からだんだんと雲行きがあやしくなり、遠くの方でごろごろいっているのが聞こえ出した。
    だんだんと風が強くなり、いつより早めに動物たちにご飯を配って外の仕事を切り上げて家に入った。
    家の窓からライトニングが見えていたが、雨はさっぱり降らない。なんのことはない、また天気予報のはずれ。ワイボンホーダムには水は溜まらないのだ。
    「疲れた」と言ってリビングから消えたじゅじゅが私たちのベッドで早々と寝息をたてている。
    めずらしくトムと二人でTVを見ながら話を始めた9時頃、外で雨音が始まった。「雨だ雨だ」と喜んで、飲み水用のタンクから溢れる水を、ジャーにキャッチしているうちに、なんだか随分と雨が激しくなってきている。フォックスTVも途切れ途切れ。風が強くなって雨が吹き込んでくるので、ベランダに置いてあるスピニングの材料、ポッサムのベイビー、カカティルたちも家の中に非難。その直後タンクの水がベランダ方向へじゃぼじゃぼと溢れ出した。
    トムがじゅじゅの部屋の窓から滝のように雨が流れ込んでくるのを発見。じゅじゅのコスチュームルーム、コンピュータールーム、ゲストルームとあちこちで雨漏りが始まる。
    雨漏りの始末が一通り済んだところで、停電。夜行性動物のポッサムが停電に一番驚いて、トムの頭にしがみつく。本当にすぐ間近でものすごい雷の落ちる音。反射的に「ギャー」と叫ぶ私。
    ほぼ3時間くらいトムと私とでばたばた騒動だったのに、じゅじゅは大胆にも大の字で寝ている。大物だわ。
     翌日あちこちの友人から、自分の家が凄いことになっているという電話をもらい、おそるおそる外に出で敷地内を点検してみたけれど、木一本倒れることも無く、外に残していた動物たちも無事。
    大雨のおかげで一夜にして私たちのダムが満杯になり、プール代わりに泳いでもいい感じになった。
     次の雨に備えて、じゅじゅが屋根に登って、雨漏りの原因だった落ち葉を屋根と樋から全部掻き落としたおかげで、昨日は雨漏りゼロ。じゅじゅはお駄賃の$5をせしめて、秘密の場所に蓄えを増やしている。

    スポンサーサイト
    rangeviewのこと | 13:11:52| Trackback(0)| Comments(0)
    フライングフォックス完成
    フライングフォックス




     









    トムのプロジェクトだったフライングフォックスがついに完成した。
    地上6mの展望台から4mのプラットフォームまで、ロープにぶる下がって一気
    に滑り降りる。ほんの5秒ほどのアドベンチャーだが、スリルは満点。
    一昨年展望台が完成して、ピール片手にサンセットを楽しんでいる時、「ここか
    らビールを取りに降りていくのは面倒だから、キッチンからワイヤーを渡して・
    ・・・」から始まって「ゲートまでワイヤーを渡して、フライングフォックスを
    作ったらどうだろう」とトムのフライングフォックス構想は始まった。
    展望台からゲートまでは約70m、ドライブウェイを横切ってワイヤーを渡すと車
    高の高いトラックなどが入って来られなくなる。ゲートと逆側、鳥小屋の方へ一
    度試運転してみたら、鳥小屋に激突したそうだ。
     今年のじゅじゅのバースデーパーティの目玉アトラクションにするために、リ
    サーチ&試行錯誤を繰り返し、ワイヤー、カラビナ、ロープ、ハーネスと用具が
    日に日に揃っていった。一番の問題だった滑車も、偶然にフライングフォックス
    専門の滑車職人に出会い、オーダーメイドの滑車を作ってもらった。
     展望台の柱にさらにポールをつなげ、ドライブウェイのすぐ横にプラットフォ
    ームを作り、ワイヤーをそこまで渡した。60mのワイヤーの先には2トンのコンク
    リートの重石をつるして、ワイヤーをピンと張った。ロープにオイルをぬってす
    べりを良くして、準備万端。
    安全だと分かっていても、あまりの高さにかなり私はびびってしまい、未だに試
    していないのだが、度胸のあるじゅじゅが一番乗り。心配する私の頭上を一気に
    滑り抜けていった。
    じゅじゅの第一声は「オーサム!!」一回ハーネスをつけたら最後、「もう一回、
    もう一回!!」の繰り返しでなかなか降りてこない。
    もちろんバースデーパーティ当日は、子どもたちが行列して一日中フライングフ
    ォックスを楽しんだ。
    私も何時かは試してみようと思うのだが、やはり6mの展望台から飛び降りるのは
    怖い気がする。


    rangeviewのこと | 15:40:09| Trackback(0)| Comments(0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。