03月 « 2008/04 » 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    リリーのその後
    リリーのその後

     去年の8月200gそこそこの小さい赤ちゃんだったポッサムのリリー。女の子のせいか
    甘えん坊で、雨の多かったこの夏は、濡れないで居心地のいい家の中の戸棚の中をねぐら
    にしていた。「せっかくリリースしたのに、このままではペットになってしまう」と心配
    していたのだが、2月の中頃から家の中で寝ることをきっぱりとやめた。時を同じくして
    野生のオスのポッサムがベランダに出没。ある夜はナント2匹で家の中にいたことも目撃
    されている。
     どこで寝泊りしているのかは不明だけれど、夜になるとトタン屋根の端から端まで、
    それはそれはもの凄い音をさせて、複数のポッサムが走るのが日常になっている。
    3月頃から発情期が始まり、連日リリーがオスのポッサムに追いかけられ、心臓をばくばく
    させて、家の中に駆け込んで来ていた。時にはあまりにもショックが大きかったのか、
    明け方までソファーでの上で動けなくなっていることも。
     だんだんと野生味が増してきて、長く抱かれることをいやがったり、噛み付いたりもす
    る。ここの所は毎晩9時過ぎに、キッチンの引き戸を開けて入ってきて、リビングで家族の
    メンバーを確認。しばらく家の中で遊んでいるのだが、残飯ボックスからめぼしい食べ物
    を拾い食いした後、カーテンレールによじ登って、テーブルに数えきれないほどの豆粒型
    のうんちをばらまいたり、歩きながらおしっこをちびったりしだした時点で、タイムアウト。
    リンゴ、マンゴやぶどうなどリリーの大好物と一緒に、ベランダへ退場してもらう。
     先週あたりからやけに下半身が丸みを帯びてきていて、おまけに動くとパウチの入り口が
    開いて見える。昨晩パウチをチェツクしたけどまだ赤ちゃんの気配はない。
    でもきっとリリー2世をパウチの中に見つける日は、そう遠くないような気がする。
     


    スポンサーサイト
    自然 | 11:04:05| Trackback(0)| Comments(0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。