12月 « 2008/01 » 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    コアラをレスキューしたけれど
    コアラ

     「今からすぐコアラのレスキューに行って欲しい」とワイルドライフ・エマージェンシ
    ーからの電話を受けた。夕方仕事から帰ってきて、遅いディナーの支度をしている最中。
    可愛いらしいイメージのコアラだけれど、爪がものすごく鋭く、レスキューにはかなり
    注意が必要だ。レスキュー用の手袋、バスタル2枚、洗濯バスケット2コ(1コは急遽友人
    から借りた)バスケットをくくる用のワイヤーを車に積んで、家族全員でレスキューに出
    かけた。じゅじゅは野生のコアラが見られることが嬉しくって興奮していたし、私は始め
    てのコアラレスキューだからちょっと緊張ぎみだったけれど、気持ちはワクワクしていた。
     電話で聞いた家へ行くと、木にしがみついた状態でコアラが地面に座っていた。コアラ
    が地面に座っていること事態が異常なうえ、通報者によると飼い犬がアタックしたらしい。
    小雨の振る中、じっと木にしがみついているコアラは、まるでぬいぐるみのように見えた。
     早速後方からそっと近づいて、二枚重ねのバスタオルをかぶせながら、身体をつかみ上
    げた。「キーキー」と鳴き声を上げただけであっさりとバスケットに収まった。かなり
    具合が悪いにちがない。バスケットを持ち上げると、ずっしりと重たかった。
     帰り道は3人とも無言だった。どう見てもあまりいい状態ではない。バスケットの隙間
    からクリクリとした目が悲しそうに覗いている。コアラは専門のケアラーしかハンドリン
    グできないし、実際何をしてあげたらしいのかも分からない。私たちが出来ることは、専
    門のケアラーに渡すまで、静かな場所で休ませてあげることと、祈ること。
     家に来て3時間後、私たちのベッドルームでコアラは静かに息を引き取った。今朝部屋
    中にほのかなユーカリの香りを残して、コアラは去っていった。
     もし庭の木にコアラを見つけたら、コアラがその場を動いたことを確認できるまで飼い
    犬を家の中に入れるか、繋いで欲しい。もしコアラが地面に座っていたら、ワイルドライ
    フレスキューに連絡して欲しい。早ければ早いほど、命を救えるチャンスが増えるから。


    スポンサーサイト
    自然 | 20:44:33| Trackback(0)| Comments(0)
    クカバラ脱走する
    クカバラ脱走

     バルコニーで朝のコーヒーを飲んでいる私の頭上を、クカバラらしいものがサッと
    横切った。新聞紙を取り替えようと、母が小屋を空けた途端、待っていましたとばか
    りに空へ飛び立ったのだ。
     ここ2週間前から、小屋の近くに何羽ものクカバラが集まってきていた。一日中見
    張っている訳にはいかないから正確な数は分からないが、ある朝は10羽は来ていた。
    迷惑なことに毎朝4時頃やってきて、「カカカカカカカ」と大声で叫ぶ。一羽が鳴く
    とそれに呼応して全員が大声で鳴くから、安眠妨害で、ついには耳栓をして寝るよう
    になってしまった。
     人間に育てられたクカバラは、テリトリーに生息するクカバラに認知してもらわな
    ければならない。もし仲間になれなければ、リリースした後に殺されてしまうそうだ。
    だから、寝不足でも我慢して、クカバラが大勢集まるのは歓迎している。小屋の中の
    二羽は、仲間が去った方向をずーっと眺めていて、時には網から外に飛びたそうに、
    羽をばたつかせていた。
     脱走した一羽が庭の木にとまっていると、どこからか次々とクカバラが集まって来
    て、大合唱、そしてその一羽の周りを何羽もが飛び回る。そして、他のクカバラたち
    はさらに高い木に飛び移って行った。これが鳥の世界のイニシエーションなのか。
    可愛そうに私のベイビーは、仲間が飛び去った後も木の上で硬直したまま動けなくな
    っていた。
     鳥かごの外の世界は彼にはまだ厳しかったのか、残してきた兄弟が恋しくなったの
    か、朝食べ損ねたネズミのことを考えてお腹を空かせてか、いずれにしても1時間後に
    は小屋のあるバルコニーまで自力で戻ってきた。
     今は小屋の中で、大きな口を開けて食べ物をおねだりしている。外の世界はそう甘
    いもんじゃないと悟ったのだろう。もう少し修行を積んで、二羽一緒に飛び立つ日も
    そう遠くないかもしれない。

    動物たちのこと | 22:11:24| Trackback(0)| Comments(0)
    おさわがせピギー


     「今日明日にでも子ブタが生まれるよ」
    ホリデーに出かけるため留守番を頼んだアンクルビリーがルーシーを見た途端言った。
    「子ブタって、何のこと?」つい前日「最近ルーシーがデブったなあ」とトム、「そう
    いえば乳首が下がっていた」と私。のんきな飼い主はルーシーの妊娠に気がついていな
    かったのだ。
     今にして思えば、3ヶ月ほど前ワイルドピッグが家の周りをウロウロしていたため、
    ピッグハンターにワナを仕掛けてもらっていた。肝心なワイルドピッグは捕まらず、
    おまぬけなルーシーが何度もワナにかかって大笑いした、その時にワイルドピッグが柵
    を乗り越えて・・・・・まだ一歳にもなっていないのに、ノーティー ルーシー。
     ブタは子沢山だから、12匹くらい生まれるにちがない。そうしたら、1匹$200で売
    って。まだ見ていない子ブタで儲け話をする、気の早いトム。
     そしてホリデー先にアンクルビリーから5匹産まれたけれど、1匹はすぐに死んでし
    まったと連絡が入った。雨の中の出産だったので、子ブタを洗ったり、干草のベッドを
    作ったり、雨よけを作ったりと一日は子ブタの世話にあけくれたそうだ。
     初めて見る産まれたばかりの子ブタは、小さくって、可愛い!! 持ち上げるとキーキ
    鳴くけれど、仰向きに抱っこしてなでてあげると、目が見えないくらい長い睫毛をパサ
    バサいわせて、気持ちよさげに寝る。まるで子犬のようだ。これが数ヶ月もすると一人
    前のブタになってしまうなんて信じられない。
     残念なことに、ルーシーの下敷きになって、もう1匹も死んでしまい。お父さん似の
    真っ黒の子2匹、白、黒、茶のブチが1匹残った。私たちのお気に入りはこのブチ。
    名前をイチバンとつけて、たぶん手元に残すだろう。でも、ミニチュアでもブタはブタ。
    破壊力はなかなかのものなので、2頭に耐えられるかどうか。
    しばらく様子をみるということで、残り2匹は「食べない」という約束ができる買い手を
    探すことにしている。

    動物たちのこと | 22:08:56| Trackback(0)| Comments(0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。