06月 « 2007/07 » 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    乳搾り小屋をもらう


     私たちが住むマケッツ・レーンの片側一帯は、元々牧場主のブラフ・ファミリーが所有
    していた。広大な敷地の中に小さく区画された一箇所がある。そこが今私たちが住む家で、
    かつては乳牛を飼育し、乳絞りをしていた使用人が住んでいたコテージだったそうだ。私
    たちの敷地に隣接して、かつて乳絞りをしていた小屋が廃墟のようになって残っている。
    古い建物好きの私たちは、かねてからその小屋の再利用をたくらんでいた。3年ほど前に
    現在の牧場主サムからコーンの貯蔵小屋を譲り受け、敷地内に移築、改装して今は宿泊施
    設として使っている。そろそろ新しいプロジェクトを、と思っていた矢先に、その乳搾り
    小屋を譲ってもらえることになった。
     コーンの貯蔵庫を移築した時は、大型のクレーン車で小屋ごと吊り上げて一気に移動さ
    せた。乳絞り小屋は、トム自慢の大阪市役所払い下げクレーン車で移築するという。力仕
    事はお任せの、アボリジニのジミーを助っ人に早速小屋の移築作業を始めた。身軽なジミ
    ーが屋根に上って、まず屋根を半分に、次は壁部分と屋根を切り離し、屋根中央にチェー
    ンをかけた。たった5トンの小さなクレーントラックで6mはある大屋根を持ち上げること
    ができるのだろうかと心配する私たちをよそに、トムは「大丈夫」と一気に屋根を吊り上
    げた。吊り上げた瞬間トラックが異常に傾き、よもや横転!と思いきや、何とか持ちこた
    えることができた。屋根ひとつ移動に成功すれば後は簡単。たった二人であっという間に
    片側の屋根、3方の壁を家の庭に移動させた。
     「これで移築作業の一番難しい部分は終わった」とビールで乾杯。土台を作って、元通
    りに全部をくっつけて、と実際に乳搾り小屋が庭に建つまでにはまだまだ時間がかかりそ
    うだ。
     私の役目はその後、毎朝の乳搾りとチーズ、バター作り。楽しそうだけれど、また毎日
    しなくてはならない仕事が増えることを考えると、少し複雑な心境だ。

    スポンサーサイト
    rangeviewのこと | 13:08:57| Trackback(0)| Comments(0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。