12月 « 2007/01 » 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    レスキューはしたけれど


     「家の猫が鳥を捕まえて怪我をさせてしまった」と友人から連絡が入った。すぐに
    連れてきてもらうことにして、早速バードゲージの準備をした。今年始まってこれで
    鳥のレスキューは3件目。1件目は窓に激突した、ロリキート。2日間ゲージに入れて様
    子を見て、何も問題がなさそうだったので3日目にリリース。2件目は動揺した男性の
    声でガラーが瀕死だから連れて行くというもの、このケースは連れてくる途中で息が
    絶えてしまた。
     連れてこられた鳥は、まだ赤ちゃんのキングフィッシャー。目の覚めるようなブル
    ーの羽の片方が開いたままになってしまっていて、根元から血が出ていた。早速ワイ
    ルドライフレスキューの鳥専門のリーダーに連絡をとる。彼女いわく、すぐに獣医に
    連れて行って、羽の状態を調べてもらうようにとのこと。鳥の中でもキングフィッシ
    ャーは餌を捕る時に羽が重要な役割をするそうで、もし羽に問題があると、野性では
    生きられない。そのため安楽死させなければならないという。それを聞いたトムは、
    「安楽死なんかさせないで家で飼えばいいじゃないか」というが、ワイルドライフケ
    アーラーとしては許されない行為なのだ。
     獣医さんの診療の結果、運よく羽自体は大丈夫そうだというお墨付きをもらった。
    傷ついた方の羽はテーピングしてもらい、鎮痛剤、抗生物質を注射してもらって家
    に連れ戻った。餌は食べないものの、水もちゃんと飲んで、元気そうに見えた。
     その日の夕方、じゅじゅが「鳥が死じゃった」と泣きながら、小さな手の中に小さ
    な鳥の亡骸を乗せて私の所に来た。インターナルーインジュリーと言って、目に見え
    ないどこかに傷を負っていて、時間が経つとともにその部分が致命傷になる。レスキ
    ューして元気に見えていても、数日後に・・・というのはよくあること。
     後とから鳥のリーダーに「キングフィシャーは一番位に世話をするのが難しい鳥な
    のよ。それ以上手の打ちようがなかったのだから」と慰められたが、あっけない死に
    やるせない気持ちでいっぱいだ。
     よく猫が鳥を襲ってしまうというその友人には、鳥に近づくとセンサーが働く猫用
    の首輪を勧めてみようかと思っている。

    スポンサーサイト
    自然 | 21:06:47| Trackback(0)| Comments(0)
    子ブタのルーシー脱走する


     年男のトムは、またまた新聞広告で「子ブタ売ります」を発見。今度のミニチュア
    ピッグは、正真正銘のミニチュアで体重60kgまでしか大きくならないそうだからと、
    懲りずにまたブタを飼うことにした。
     農家の女将さんから受け取った帰り道、車の中で私に抱かれていた子ブタちゃんは、
    まつ毛がぱっちりしていて、青みかがった黒いつぶらな瞳で甘えてくる。最後の方に
    は居眠りなんかしちゃって、可愛いかも。と思ったのもつかの間、家に帰り着いて車
    から下ろしたとたん大声で叫びだした。抱きかかえると、「キーキー、ギャーギャー」
    と耳がつんざけるようなものすごい叫び声をあげる。今までおとなしく抱かれていた
    のが嘘のようにだ。
     犬のリードを付けてダムまで連れて行った。金切り声をあげる子ブタの周りに、何だ
    何だと他の動物たちが集まってくる。一瞬泥をほじっている時だけ叫ぶのをやめたけれ
    ど、あんまりにもひどいので、ブタ小屋に隔離した。ブタ小屋に入れるとなんか幸せそ
    うに居眠りなんかしていた。
     翌朝ブタ小屋はもぬけの空になっていた。穴を掘ってフェンスの下から脱走したのだ。
    たった一日しか経っていないのに、とトムも私も呆然。トムは慌てて近所の聞き込みに
    周り、隣の牧場で「一時間ほど前に馬の一団に追いかけれれている子ブタを見た」とい
    う情報を仕入れた。とは言うものの、全然なついていなかったし、はっきり言って見つ
    からないものとあきらめていた。ブタとは性が合わないのだからもうこれっきりにしよう。
     夕方畑仕事をしていると、「ズガズガズガ」という鳴き声がして、黒白のストライプ
    の体がフェンスの向こうを横切った。餌欲しさに私たちに近寄ってきて、まんまと捕獲
    された子ブタちゃん。お腹が空いていたのね、心配させて。
     慣れるまでしばらくの間は塀に囲まれた別の小屋に入れることにした。体を触り続け
    ればそのうち懐れるらしく、お風呂に入れたり、犬のリードでお散歩させたり、毎日手
    をかけている。今日で一週間、未だに抱き上げると金切り声を上げる。その声が以前よ
    り力強くなって、鼓膜が破れそうになった。後何日、それとも何週間で懐くようになる
    のだろうか。

    動物たちのこと | 21:21:09| Trackback(0)| Comments(0)
    じゅじゅのピアノ


     「ピアノが欲しい」と去年のクリスマス前にじゅじゅが言い始めた。
    ピアノねえ。そんな大きいものいったい何処に置くんでしょう。自分の子供の頃を
    思い出し、やりたくて始めたピアノだったけれど、練習がだんだん辛くなって・・・
    何も弾けない今となっては、もう少し頑張って続ければよかったのかしらと、ほん
    のたまに思ったりもするが後の祭り。
     そんな苦い経験もあるので、突然ピアノと言われても、あまり気乗りがしない。
    が、キーボードはどうだろうかとサンタさんのプレゼント探しのついでに検討はし
    てみたが、結局は断念。しばらくしてじゅじゅの「ピアノ欲しい」発言を聞かなく
    なり、よかったよかったと思っていた。
     また例のごとく、友人のファームの引越し手伝いに行ったトムがガラクタをトラ
    ックいっぱい乗せて帰ってきた。新年早々裏庭がガラクタの山。そのガラクタの中
    に古ぼけたピアノが一台あった。くもの巣と泥で驚くほどに汚れていて、おまけに
    肝心な鍵盤が一回弾くと戻ってこない箇所があちこち。楽器をまったく知らないト
    ムは、「水でジャーッと流せばいいだろ、中開けて自分で治せばいい」だなんてび
    っくりするような発言。ピアノ欲しい病がやっと治まったところに、おんぼろピア
    ノの登場。苦い顔の私をよそにじゅじゅは大喜び。鍵盤が戻ってこなかろうが、キ
    ーが合ってなかろうが、全然おかまいなしで弾きまくる。
     置き場がまだ決まらず、未だに外に放置されているのだが、庭仕事をしている時
    のバックグラウンドにいつもじゅじゅのピアノの音が響いている。

    じゅじゅのこと | 11:04:32| Trackback(0)| Comments(0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。