05月 « 2006/06 » 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    カシミアの原毛を紡いでみる


     「家にいるカシミアの毛で、毛糸を作って欲しい」とじゅじゅの友人の
    お母さんに頼まれた。彼女とはもう4年は顔見知りだったけれど、いつも
    話題は子どものこと。ひょんな事から、彼女はカシミアを飼っていて、私
    は糸を紡ぐということをお互いに知ったことから、話はとんとん拍子に進
    んだ。そのカシミアくん14歳で、年に一回シアリング(毛刈り)したもの
    を今までずっと貯めていたという。カシミアはヤギだったなんてほんの数
    年前まで知らなかった私でさえ、カシミアといえば高級品のイメージはあ
    って原毛を手にするのを心待ちにしていた。
     どっさりと幾つもの袋を持ってきてくれた時には、大感激だった。が、
    10年近くも屋外の倉庫の奥深くに放置されていた毛がどういう状態になる
    か、彼女は想像もしていなかったに違いない。いくつもいくつもの袋を広
    げては、その中から紡ぐことができる長さのものを選別していく。10袋以
    上あった原毛の70%は処分しなければならなかった。
     そこで、羊とかアルパカならその毛をブラシして紡ぎ始めるのだが、カ
    シミアはそうはいかない。フワフワな毛に、ガードヘヤーと呼ばれるごわ
    ごわの太い毛が混ざっていて、これを完璧に取り除かなくてはいけない。
    ピンセットで一本一本取り除いていくこの作業、気の遠くなるほどの時間
    がかかった。これは口で説明しても、実際にやってみないとその苦労が分
    からないようで、なるほどカシミアが高級と言われるのは勿論毛質もある
    だろうけれど、この手間賃なんだなと、変に納得してしまった。
     最終的に糸になったものはほんの150g足らず。もっともっと時間をか
    けて選別作業をすればもう30gくらいは増えたかなとも思うが、さすがに
    まいりました。でもこのカシミア、今年のカントリーショウのコンテスト
    で2回1位を取っているので、努力は認められたかな。

    スポンサーサイト
    私のこと | 20:01:43| Trackback(0)| Comments(0)
    環境保護を考える


     近所の町で年に一回開催される、フィールド・デイに参加した。
    私がメンバーになっている動物保護グループFAUNAもブースを出していたが、他
    にも多くのネイティブ動物や植物の保護グループが出展していた。それほど広く
    ないこの地域に同じようなグループがたくさんあることを始めて知った。あるグ
    ループはコアラ専門だったりカエル専門だったりと対象は違っても、気持ちは同
    じ。こんなに自然が多く残っているように見えるこの地域でも、危機感を持って
    いる人が多くいるということだろう。
     有袋類の仲間で、耳が大きくてとがった顔をしている、ビルビーという動物は
    以前オーストラリアの内陸全土で生息していたが、現在はクイーンズ・ランド北
    部のほんの一部の地域で600匹確認されるだけになっていて、絶滅の危機にた
    たされているそうだ。(西オーストラリアの砂漠に生息はしているが数は未確認)
    ビルビー保護のグループは「全国を回って保護のための資金を集めているんだ」と
    切実に訴えていた。ビルビーに限らず、同じような運命にたたされている動物は
    数知れないだろう。「増えすぎて困る」と言われている動物だって人間が手を加
    えることによって何時かは滅びてしまうかもしれない。
     私が主に保護しているポッサムは、「ニュージーランドでは増えすぎてペスト
    だ」「屋根裏に居ついてうるさい」「庭のフルーツや野菜を食べるから困る」な
    ど世間ではあまり評判が良くない。が、そのポッサムだって何時激少するか分か
    らない。
     今私ができることは、せめて自分が住む周りだけでもネイティブな環境を残し
    ていくこと。農薬は一切使わないことは勿論だが、ネイティブな動物、鳥類が好
    むネイティブな木をどんどん植えて、彼らが住みやすい環境を作ってあげること。
    そしてネイティブ動物と相容れないドメスティック・アニマル(犬や猫)を極力
    飼わない、もしくは夜間は外に出さないということ。車の中にはいつでも傷つい
    た動物を助けられるように、レスキュー道具一式を常備している。

    自然 | 20:12:55| Trackback(0)| Comments(0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。