09月 « 2005/10 » 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ポッサムのロリー


     ロリーが家に来たのは8月の初め。体重わずか250gの小さな赤ちゃんだった。
    人間の赤ちゃん並みに、4時間おきにミルクを与えなければならず、ちょうど
    タイミング悪く、仕事が入っていた私は、仕事先へこっそり連れ歩いたものだ。
     今年の4月からワイルドライフのケアラーになって、初めて育てる赤ちゃんポ
    ッサム。人間、子犬、子猫なら自信はあったのだがなにせ野生動物、いずれは
    野生に戻してやらなければならない訳だから、お母さん役を引き行けた身とし
    ては、かなりプレッシャーではあった。ケアラーのリーダーからは「スポイル
    するだけスポイルしていい」と言われていたこともあり、ロリーは自由奔放に
    家で振る舞い、ぐんぐんと成長していった。
     現在の体重は1kgとちょっとで、当初の4倍。あともう少しで野生にリリース
    する時期がやってくる。今お気に入りの寝場所はTV台の裏、洋服棚、ソファー
    の下など。夜行性動物だから一日のほとんどは家のどこかで眠りこけている。
    毎晩11時頃にのこのこ起きてきて、元気いっぱい。こっちがそろそろ寝ようか
    なと思っても、遊んで遊んでとベッドまで追っかけてきてペロペロ舐めるから、
    たまったもんじゃない。ここのところは、リリースへのリハビリもあって、夜
    は外で遊ばせて、明け方家に戻って来るパターンになっている。無事野生に戻
    って行って欲しい反面、いなくなってしまったら寂しい。ポッサムの代理母と
    してはちょっと複雑な心境です。

    スポンサーサイト
    動物たちのこと | 21:54:45| Trackback(0)| Comments(0)
    じゅじゅのマイポニー


    プリスクールに通うじゅじゅがお友達とする一番の遊びが、サドルクラブごっこ。
    3人の女の子と馬が主役の子供番組で、じゅじゅはその中のリサという女の子の
    役を演じている。他のお友達はそれぞれマイポニーを持っていて、乗馬の練習を
    しているとか。じゅじゅも2歳の誕生日にもらったミニチュアホースを持ってい
    るのだが、この馬(ボビー)ちょっと曲者で、じゅじゅは何度も痛い目に合わさ
    れている。当の私も後ろかおしりを噛まれたり、いきなり胸を噛まれたり、噛み
    癖があって、怒るとさっと向きを変え、後ろ足でキックする真似をする。悪さを
    しているのが分かってやっているところがニクイ。ウチのパドックではこのボビ
    ーがボスで、新入りはボビーの洗礼を受けてから、ようやく仲間入りができる。
    そんなこともあって、じゅじゅは悪さをしない馬が欲しいと秘かに思っていた。
    つい数週間前、トムが行きつけのパブで出会った女性が、一頭のポニーの行き先
    を考えあぐねていることを小耳に挟み、「ウチで引き取りましょう」とトントン
    拍子に話が進んだ。このポニーその女性の娘さんのもので、彼女が小さい時には
    ドレスホースのショーでチャンピオンになったこともある名馬。ただ25歳という
    年齢から隠居の身で、あまりハードに乗りこなしたりはできない。
    誕生日パーティでカウボーイブーツ、乗馬ハット、ジーンズといっしょにポニー
    を手に入れたじゅじゅは天にも昇る喜びようで、サドルクラブのお友達にも鼻高
    々。さっそく「チェック」と名前を付けて、何かと様子を見にパドックへ出かけ
    ていく。今朝も学校へ行く前にチェックに乗るため、いつもはだらだらとTVを
    見て過ごしている時間に、さっさと着替えを済ませて、外でダディが来てくれる
    のを待っていた。おまけに苦手なShow&tellでもチェックのことを発表したそうで、
    マイポニーが出来たことで、じゅじゅが少し成長したように思えて母として嬉し
    いかぎりだ。

    じゅじゅのこと | 23:24:50| Trackback(0)| Comments(0)
    じゅじゅの誕生日
    誕生日
    娘のじゅじゅが5歳になった。2000年の9月、東京での写真展を無事に終わらせ、
    自分の持ち物一切合財を船便でブリスベンへ送り、自分もブリスベンへと飛ん
    だ。その時じゅじゅは34週、予定日まで後1ヶ月とちょっとだった。引越しの
    無理がたたってか35週目で生まれてしまったじゅじゅ。2.2kgと小さいなが
    らも強い赤ちゃんで、5歳になる今まで、病気らしい病気もせずすくすくと育
    っている。ちっちゃな赤ちゃんをぎゅーっと抱きしめていた感覚が今でも身体
    に残っていて、じゅじゅが「cuddleして」「kissして」と抱きついて来た時に
    その頃のことを思い出す。彼女のお得意は3人cuddleで、ダディとマミーとじゅ
    じゅが全員でぎゅーっと抱き合うのが、気持ちいいそうだ。
    5歳ともなると、自分のバースデーパーティに誰を呼ぶのか真剣に考え出すよ
    うだ。今年は、プリスクールで仲のいいお友達を招待するのだと張り切って、
    招待状に名前だけは自分で書いた。続々と出席の返事が来るなか、ひとりじゅ
    じゅが一番来てほしかったボーイフレンドから、「パーティには行かない」と
    言われ、その現実が理解できず、かなりショックを受けている。娘思いのダデ
    ィは、うーんとうなって、5歳にして振られた娘を不憫に思っている。
    私たち親にとって大切な誕生日当日は、じゅじゅにとっては週末のバースデー
    パーティの予行演習みたいなもんで、ロウソクの火を消したら自分の分のケー
    キを持ってさっさとプレゼントにもらったDVDを観に行ってしまった。後に残さ
    れた大人たちは・・・・絶句。



    じゅじゅのこと | 23:10:01| Trackback(0)| Comments(0)
    サマーカット


    今年も毛刈りのシーズンがやってきた。ここのところ連日35度を越える日が続いて、
    人間もかなりへばっているが、こんもりと毛を付けたままの動物たちは、かなり辛
    そうだった。毛刈りが必要な動物は、羊、アルパカ、アンゴラヤギの面々たちと、
    オールド・イングリッシュ・シープドッグを含めた6頭。一年ごとに毛むくじゃら
    の動物たちが増えていて、一年に一回の毛刈り作業もだんだんと定着してきている。
    今年も例年通り、シアラーのジェイソンが家まで来てくれた。クイーンズランドに
    はアルパカの毛刈ができるシアラーは3、4人しかいないとかで、一年に一度のこの
    時期は連日予約でいっぱい、日の出とともに作業を始めて、日の入りまであちこち
    の家を回ってびっちり働く日も多い。
    よく観光地で見かける毛刈りショーのように、羊は股の間に挟んで、地べたでちょ
    いちょいと。アルパカとアンゴラヤギは羊のように大人しくしていないので、特別
    の台に乗せて、前足後ろ足を前後に思いっきりストレッチさせた状態での作業にな
    る。アンゴラヤギたちは往生際が悪く、最初から最後まで、今にも喉でも掻っ切ら
    れんばかりに雄叫びを挙げていて、順番待ちをしているアルパカたちを震え上がら
    せていた。動物たちの毛は一番いいい部分の背中、二番目にいい部分の首から肩で
    5cn以上のものを選別し、それぞれ袋詰めにして保存する。今年の誕生日にプレゼン
    トされた黒いアルパカのベイビー、ローヘンは初めての毛刈り。外側の毛は日に焼
    けてか少し茶色がかっていたのだが、中はまさにピュアー・ブラック。それもふわ
    ふわで極上のでき。彼の毛を丁寧に糸に仕上げて、何を編もうか今から楽しみだ。


    動物たちのこと | 21:16:51| Trackback(0)| Comments(0)
    コテージに初のゲストが宿泊


    4月からこつこつと週末を利用して建てていたゲストハウスがもうじき完成しそう!
    となった1週間前に、「メルボルンから来るご夫婦が泊まりに来るから」と、友人が
    ゲストを斡旋してくれた。紹介してくれるのはいいんだけど、まだ完成していないし・・・・
    としぶる私をよそに、トムは大はりきりで、お得意の突貫工事を連日続け、ゲストが
    到着する数時間前にようやく体裁を整えることが出来た。内装係の私は、夜なべして
    掃除と備品の搬入、買い忘れた物を翌日ブリスベンまで買いに行き、こちらもなんと
    か間に合わせることができた。
    ウチの作業はいっつもこんな感じで、去年も友人が泊まりに来る前日に、いいフレン
    チドアを見つけたからって突然壁をぶち破ったり、クーラーを入れるからって壁に大
    穴が空いていたり、あんまりにも頻繁にそんなことが起こるから、だんだん神経がマ
    ヒしてきていて、どうにかなるよねって楽観的に考えてしまう。
    とは言っても今回はコテージ初のゲストだから、まだバスルームの壁塗れてないんで
    す、窓も間に合わなくって、あまりにも突然だったので、などと言い訳をこねこね。
    ご夫婦は4年前に一度だけ会ったことがある方だったこともあり、「完成したらまた
    泊まりに来るわね」とありがたーいコメント。
    トムと二人で、「じゅじゅのバースデーパーティまで後2週間。その時には完成させて
    きちんとお披露目をしよう」と誓い合った。




    rangeviewのこと | 12:50:36| Trackback(0)| Comments(0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。