08月 « 2017/09 » 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■PROFILE

nori

  • author: nori
  • WEB: Range View Outback Hut
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ハイスクール初日

    2011年につづいてまたしてもクイーンズランド州が洪水に見舞われた。私たちが住むファー
    ンベールは、ダムの放出が早かったおかげで、被害はほとんどなかったのだが、周辺の町
    では浸水した建物が多く、道路もあちこちが閉鎖されている。
    待ちに待った、ハイスクール初日が、運悪く洪水の只中。水が引いて、交通機関が再開す
    るまでと、初日は休校となった。
    そして今日晴れて、ハイスクール初登校。新しい制服姿のじゅじゅは、小学校を卒業して
    たった2ヶ月しか経っていないけれど、ぐんと成長したように見える。スクールバッグに教科
    書、筆記用具とお弁当を詰め込んだら、後ろにひっくり返りそうなほどの重さ。どの教科も
    教科書が何冊もあって、ずっしりと重い。おまけにスポーツ用の着替えなども必要で、初日
    からフル装備。
    ハイクスールまでは家から約26kmの距離で、ファーンベールの町からはスクールバスで
    通うことができる。スクールバスに一人で乗るのも初体験。
    「バスパスができるまではタダでいい」というオーストラリア流のおおらかなシステムにも
    びっくり。バス停では別々のハイクスールに通うようになった、小学校の友達たちとキャッチ
    アップ。どの子もじゅじゅと同じく大人になったわね、と関心してしまう。
    無事学校に着いたものの、個人ロッカーの鍵がうまく開けられず、重たい荷物を全部担いで
    一日移動していたようだ。
    初日には新しい友達はできなかったらしく、ファーンベールの小学校から一緒に入学した
    友達とつるんでいたらしい。「今日一緒に授業を受けたクラスメイトは意地悪な子と変わり
    者ばっかりだった」なんて言っていたけれど、早いうちにいい友達が見つけられるといいの
    だが・・・・・
    そして明日は始めての日本語の授業。すっかり忘れていた日本語を思い出して使えるよ
    うになってくれると嬉しい。オーストラリア人の先生による「日本語教育」はどんなもの
    なのか興味深々でもある。

    スポンサーサイト
    じゅじゅのこと | 21:35:30| Trackback(0)| Comments(3)
    ブログ復活

    約4ヶ月ぶりのブログ復活です。新刊ガイドブックの取材編集にさずさわっていて、めまぐる
    しい日々を送っていました。仕事以外では、一年に数回しか訪れることのないゴールド・コー
    ストをいったい何度往復したことでしょう。家にいる時は、ほとんどコンピューターの前にかじ
    りついて、フォトショップと苦戦、データー収集、原稿を打ち込んだりと、一日があっという間
    に過ぎて、その連続の日々でした。
    ようやく仕事が手から離れたら、この数ヶ月間の緊張感が途切れて、どっと疲れが襲ってき
    て・・・・・ようやくリハビリ終了、ということでこの数ヶ月間のじゅじゅスナップをアップしました。

    DSC_3580_20120806130731.jpg
    この2点はゴールド・コースト撮影にモデルとして参加したじゅじゅのスナップです。

    DSC_6894.jpg   DSC_6920.jpg
    下の2点はアンザックデー(戦争メモリアルデー)の日、地元ファーンベールの学校代表として
    参加したスナツプです。バイス・スクール・キャプテンとしての名誉な初仕事でした。
    DSC_2416.jpg そして最後はオーディション用のスナップ。ついに私の背を抜いてしまいました。

    じゅじゅのこと | 13:30:40| Trackback(0)| Comments(0)
    オーディション騒動

     じゅじゅ宛てに、「今すぐオーディションに登録しなさい」というメールが届いた。じゅじゅはエー
    ジェントは今まで何回もオーディションに応募しているし、オーディション用のワークショップにも
    参加している。エージェントとも契約していて、エージェントのウェブサイトにも情報が載っている。
    だから、こういったメールが届いても全然不思議ではないのだが、騙しのメールかもしれないとい
    う不安もあって、トムに電話をかけてもらった。
     電話の相手はアメリカンアクセントの女性で、ディズニー関係のイベント会社だという。トムの
    質問にもちゃんとした応対だったそうで、「騙しではない」という結果。インタビュー&カメラテスト
    の予約を入れた。先方は両親もドレスアップして来るようにとのこと、トムは「じゃあ僕もコマーシ
    ャルに出るのかな」なんて喜んでいた。じゅじゅのドレスアップ用に服を買いに行く、最新のポート
    レイトを撮影してプリントするなどなど、細かい準備をここ数日でしなくてはならない。おまけに、
    インタビューの時間と友達に頼まれていた撮影の時間とがぴったり重なってしまい、どちらも時間
    を動かすことは不可能。悩んだ末友達には別のカメラマンを紹介するということで納得してもうこと
    になった。
     「ところで何のオーディションなの?」と訪ねる友達に、電話で聞いた話をすると、「もしかしたら
    家の娘が去年参加したオーディションと同じものかもしれない」という。初日は何百人もの子供達が
    二時間きざみで一部屋に集められ、インタビュー&パフォーマンスをし、その中からコールバック
    があり、翌日さらに一日がかりでオーディション。最終的に各部門で年齢ごとに優勝者が選出され
    る。そこからが問題で、優勝者はフロリダのオーランドで行われるイベント参加資格を得たことに
    なるのだが、その参加費用$15000を即金で全額払わされる。払えない人は、そこでアウト。イン
    タビューに両親が呼ばれているのはそのためで、親の仕事、収入などを事前に聞いているので、才
    能プラスそれなりに財力がある親の子供達が選ばれるのだろう。さらに、フロリダへのエアー、
    現地での宿泊、交通はすべて自腹。レゼメ用の写真撮影、衣装、メイク代。最終的にエージェント
    と契約するのだが、その契約費用。聞いただけでめまいがするような、膨大な経費が次々と掛か
    ってくるそうだ。途中でキャンセルした場合でも、一切返金はない。 
    実は彼女、娘さんの才能にこれだけの費用をつぎ込んだ張本人だった。で、結果的には?
    「アメリカのエージェントと契約できたから、将来的にアメリカで働きたいという時に役立つでしょう。
    私も娘もいい経験をしたってことだわ」と。「もう一度参加するかと言われたら、二度としないけれ
    どね。じゅじゅにはおすすめしなわ」。ということで、すったもんだの数日間の末、結果的にはこの
    オーディションは「すっぽかす」ということに決めた。
     娘の才能を信じて、将来的にどうにかなって欲しい、という夢はあるけれど、夢と現実の境を
    見極めるのは難しいことです。でもこのイベント世界中から子供達が集まってくるそうです。
    もちろんその中からスターになる人もいるのだけれど・・・・・

     


    じゅじゅのこと | 13:37:52| Trackback(0)| Comments(1)
    スクールリーダー

    笑顔いっぱいのじゅじゅ。今日、2012年度ファーンベール・ステイトスクールのスクールリーダー
    バッジの授与式がありました。地元出馬の政治家ウェイン・ウエント氏からバイス・スクールキャプ
    テンのバッジを受けとり、約500人の全校生徒の前で、晴れてスクール・リーダーの一人として紹
    介されました。
    毎年小学校最高学年の7年生の中から、男女二人ずつ、スクール・キャテン、バイス・スクール・
    キャプテン、スチューデント・カウンセラーが選出される。立候補の基準は、この学校に3年以上
    在籍している生徒、という基準だけなのでほぼ誰でも立候補ではできる。昨年は、女子だけでも
    じゅじゅの他に14人が立候補した。全員が補演説をして、それを聞いた生徒達がその場で投票し、
    先生達が集計し学年の最終日に発表されるというシステム。
    昨年12月の演説当日、人前でパフォーマンスすることに馴れているじゅじゅは、アンチョコを見る
    こともなく、演説の文句を完璧に披露した。小さい頃から、学校ではおとなしくて、目立たないよう
    にしていることが多かったじゅじゅだったので、生徒達はもちろん、先生たちもびっくり。アンチョ
    コを見ながらしどろもどろに演説する他の生徒たちの中でダントツの出来だった。投票後は誰が
    選出されるか、生徒達の間で様々な憶測が流れた。
    そしてスクール・キャプテンは男女共に学年の優等生が選出され、結果的にじゅじゅは、バイス・
    スクール・キャプテンの座を射止めたわけだ。
    校長先生からの「2012年度の学校を背負っていくリーダーなのだから、日頃の行いにもリーダー
    としての自覚をもって望みましょう」という言葉に、身の引き締まる思いをしたのは、授与式に
    招かれた親たちの方かもしれない。
    これから一年間、様々な行事に学校代表として参加したり、演説をしたりと公の場に出ることが
    多くなるじゅじゅ。この一年でさらに成長してくれることでしょう。

    じゅじゅのこと | 13:39:27| Trackback(0)| Comments(0)
    2012年の初仕事

    約一年ぶりにブログに復活しました。2012年は気持ちを新たにファーンベールからの暮らしぶりを
    お届けします。
    じゅじゅと私は5週間の夏休みをNYと日本で過してきました。スーツケースをアンパックする間
    もなく、じゅじゅが所属するパフォーマンススクール、プロモーションの初仕事です。2日間の集中
    レッスンで、歌とダンスのルーティーンを覚えて、翌日から早速ブリスベンのショッピングセンター
    など5ヶ所で15分間のショーをしました。
    去年ブリスベンは洪水の打撃を受け、特にじゅじゅのスクールがある一帯は被害が激しく、子供の
    お稽古ごとなどに構っていられるような状態ではなかったためか、昨年は入団者が減ってしまって
    いました。そんなこともあって、2012年は新しい試みで、入団者勧誘のためのパフォーマンスチー
    ムを作ることに。ラッキーなことにじゅじゅもメンバーの一人に選ばれて、本人はめちゃハッピー。
    去年からこの日を楽しみにしていました。このために、帰国日を早めたくらいです。
    行く先々によって違う環境だったり、後半一人が怪我で抜けたり、ショーの直前でルーティンが変
    わったりすることもあったけれど、さすが選ばれた子供たちだけあって、そのあたりは軽く「OK!」
    で難なくこなしました。
    ホリデー最後の一週間、大好きなダンスを観客の前で踊れて、久しぶりに会うダンス友達と友好を
    深めることもできて、じゅじゅは大満足。私も裏方さんで毎日お手伝い。でも昨日と今日のオープン
    デーでスクールに新しい入団者が大勢来たという嬉しいニュース。2012年は幸先がいいスタートです。
    明日から、新学期が始まります。さてじゅじゅは今年7年生。おまけにバイススクールキャプテンに
    選ばれたので、何かと責任が大きい一年いなりそうです。

    じゅじゅのこと | 21:12:43| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。